土地売却の際の担当営業マン

 

土地売却時の仲介業者の担当者とのやり取り

 

土地の売却を考えている方々は、可能な限り自分が望む価格で迅速に売りたいと考えているのが大半と言えます。その際、一般的には土地取引専門の不動産会社を利用して行動を起こします。当然、担当の営業マンとその後二人三脚で契約成立に向けて動き出すわけですが、担当営業マンの重要性については、その人が自身の不動産をどの価格で売るのか、またいつまでに契約成立を完結したいのかによって重要度は変わってきます。

 

まず、可能な限り高額で迅速に土地を売却したい人にとっては、担当営業マンの存在は非常に重要と言えるでしょう。担当時は通常、現状把握から周辺地域における土地の市場価格の相場、さらに実際にどの程度の人が自分の有する不動産を欲しているかなど、様々な情報を提供してくれます。その場合、販売価格の設定についても気軽に相談に乗ってくれたり、広告活動においてもインターネットによる販促活動から会社に常時入って来る有用な情報を複数のチャンネルで有している営業マンと出会うことが必要です。そうなれば売買契約成立は非常にスムーズになる可能性があります。担当者の実績や口コミサイト等も積極的に利用しつつ、有能な営業マンを探すことが非常に重要となります。

 

次に、高額な価格で売却したいものの契約成立は急いでいない方は、担当営業マンの存在はそれほど重要ではないでしょう。自分の土地を希望価格で売却したい場合は時間が掛ります。不動産を保有している間は、固定資産税という必要経費が発生します。しかし資金に余裕のある方は、契約成立時に担当者が属する不動産会社への仲介手数料と税金とを比較検討して自分で行動する方が有利だと判断できれば、無理に業者に依頼する必要はありません。

 

最後に販売価格は低くても、とにかく早く土地の売却を完了したい場合は、担当営業マンの存在は必要と言えます。土地を購入したい人の情報は圧倒的に業者が多く有しているため、契約成立を迅速に行いたい倍は利用する方が有利です。