土地の査定金額について

 

土地の査定金額が相場よりも高すぎる場合もある?

 

土地を手放そうと考えた際に、知り合いに買ってもらうなどの個人で売買するのなら話は別なのですが、それ以外の人は不動産会社に査定をお願いすることになるわけです。その時には、一社だけでなく、複数のところで見てもらい、評価を聞いておけば、所有している土地のある程度の相場というものがわかるようになってきます。ただ、どういうわけか、ある不動産会社の査定金額だけ、他社よりも高い査定金額を出してくることがごく稀にあります。売る側にしてみればその条件に飛びつきたいところではあるのですが、少し冷静になって考えておきたいものです。

 

そもそも土地の値段というのはどのようにして決定されているのかというと、周りの状況や市場の流れなどによって微妙に変わってくるのですが、それらに加えて、この値段でも売れる、というような不動産会社の過去の経験に基づいて決定されていくのです。そのため、同じ土地でも不動産会社によって査定金額に差が出るというわけです。

 

ただし、ここで忘れてはならないのが、提示された金額で売れるとは限らない、ということです。

 

あまり不動産売買に慣れていない人は、高い査定金額に浮かれてしまいそうになりますが、その値段で買い手が出てこなければ、結局は値段を下げていかなければならないのです。その場合のデメリットは、周りからもう少し待てば値段が下がるのではないかと思われてしまったり、どんどん値段が下がるのは、土地が軟弱などの何らかの問題があるからではないか、といった邪推をされてしまい、なかなか売れないといったことにもなりかねないので、できれば初めから適正価格を提示して市場に出しておきたいです。

 

では、高値をつける不動産会社は駄目なのかというと、確かに客寄せのためにワザと行なうところも決してゼロではないのですが、中には本当に売れると信じていたのにアテが外れてしまう場合もあるので、一概には悪徳業者とは言えません。

 

もしもそのような状況に出くわしたのなら、その査定額の根拠を尋ねてみて、納得できる答えならその不動産会社に任せてみると良いでしょう。