土地を売却する時の査定価格

 

土地を売る時の査定金額はどのように決まるのか?

 

土地を売却する時の査定価格の算出方法としてはいくつかありますが、その中でも代表的なものとしては路線価が挙げられます。

 

路線価とは地域の路線に面する宅地の1平方メートル当たりの評価額のことを言います。国税庁が毎年7月にその年の1月1日時点の価格を発表します。土地の課税価格の計算の基準となるもので、相続税や贈与税の国税や、都市計画税や不動産取得税などの固定資産税の計算にも使用されます。一般的にはその地域の中心都市周辺部の商業地の路線価が注目されます。対前年度比の路線価の上昇・下降によって、その年の経済状況を判断する目安とされるためです。

 

自分が有する土地の地域が商業地およびその周辺である場合には価格の変動が激しいケースもありますので、売却時には注意が必要です。一般的な住宅区等も開発等が進んだ場合は路線価が上昇する可能性があります。売却時には可能な限り高値で土地を売却したいと考える方々は多いはずですので、周辺地域の情報についても常日頃からアンテナを立てることが大切です。

 

路線価以外には、不動産売買・仲介業者が過去に手掛けた売買額が参考になります。例えば土地の売却を不動産専門業者に依頼した場合、一般的には路線価を基準にした価格算定の他に、自身が居住する地域で過去に売り買いした不動産の価格を教えてくれます。居住地域の立地条件等などが良く、不動産の購買希望者が多数いる場合には、やはり市場原理が働いて希望販売価格が上昇します。

 

専門業者はこうした情報を常時仕入れています。確かに契約成立後の仲介手数料の支払いなどの必要経費は掛かりますが、より高値でかつ迅速に土地を売りたいと考えている場合は、こうした専門の業者と協力することも大切です。また、売却後に支払いが予想される税金等についても、専門業者は横の繋がりがあるケースが多く、良い税理士や司法書士を紹介してくれる可能性があります。

 

自分の希望価格で土地売却が成立するよう、様々な情報を入手しておくことが重要です。