土地を売却するときにしなければならないのが査定です。

 

現地を見ないでも土地の査定はしてもらえる?

 

その土地にどれぐらいの価値があるのか判断してもらいます。査定には簡易言われる机上査定と訪問査定があります。担当者が実際に見て調査を行うのが訪問査定です。

 

よってより細かく正確に査定をしてもらうことができます。机上査定は実際の土地を見ないで判断します。資産価値をその土地の情報だけではじき出します。費用はどちらもかからない場合が多いです。売却相談をすれば無料でみてもらえます。実際に費用が発生するのは売買が成立した後です。

 

仲介手数料という形で料金が取られます。よってそれまでに行う調査などでは支払いをする必要はありません。もし不安であれば費用がかかるかどうか事前に聞いてから見てもらうようにします。

 

一社にお願いするのではなく、いろいろなところに見てもらうこともできます。それぞれで違う金額が出てくる可能性が高いです。担当者の主観が入ってくるからです。よって金額が違うからといって不審がることはありません。その人の考え方一つでも価格は違ってきます。ここで出してもらった価格はあくまで土地の価格の目安です。実際にその金額で売れるということではありません。予想以上に高い価値がついたからといって浮かれてはいけません。いくら価値が高くても売り手がつかなければ意味がありません。出された金額はあくまで参考とし、あらためて売却値を設定しください。査定にはいくつか方法があります。原価法は原価を出した後にマイナス点を引いて出す方法です。

 

投資物件のアパートなどは収益還元法を用います。収益還元法は未来の不動産価値を予測して得られるであろう利益と現在価値を算出します。中古物件であれば取引事例比較法を用います。取引事例比較法は一番一般的な方法です。似たような不動産と比較して市場や取引時期を考慮し算出します。不動産の取引価格を調べるのに有効なのが土地総合情報システムです。国土交通省が出している情報なので、誰でも見ることができます。参考に見ておくと相場が掴めます。