土地を売却したいと考える時には、不動産取引を専門に扱う会社選びから始めるケースが一般的です。

 

土地売却の不動産会社は地域密着か大手かどっちがいい?

 

その際に地域密着型の会社か、あるいは大手の会社かが問題となります。利用に供していない不動産を長期間保有すると、固定資産税等の税金を無駄に支払うことになる一方、売り急ぐと自分が望んだ金額で売買契約を締結できない場合もあり、そのバランスが難しい点と言えます。

 

まず地域密着型の会社に売却を依頼した場合ですが、その地域の規模によって売買契約の確率および売却金額は左右されます。比較的人口の多い地域であれば、当然契約成立の確率も高まります。しかし売買に供されている不動産も多数あるケースが多いため、売却時の金額は低くなる可能性があります。とは言え密着型の会社は契約成立に向けてきめ細やかに相談に乗ってくれる一方で、成立時に掛る仲介手数料等の諸経費は低く設定されている傾向がありますので、最終的に手許に残る金額は大きくなるケースが高いと言えます。

 

次に大手の会社に土地の売却を依頼した場合は、地域密着型に比べて取り扱う案件や提供を受ける情報も多いと言えます。その分、売却金額の設定も千差万別です。そのため契約成立時における売買価格や立地条件等の実績を会社側に積極的に要求し、自分が望む設定額で契約成立が可能かどうかをしっかりと調査することも必要です。また最近はインターネットによる広告活動も一般的となっています。通常は売買成立までは広告活動に関するサービスや契約締結までの相談料などの諸経費は無料です。しかしその分、仲介手数料等が高めに設定されているケースもありますので、大手の会社選びにはこの点にも注意を払う必要があります。

 

大手の会社に依頼しても、売却額から諸経費を差し引いて実際に手許に残る金額が、地域密着型の会社に依頼するケースよりも低くなる場合もあります。きめ細かいサービスや親身になってくれる営業マンの存在など、さまざまな側面から比較検討して、満足のゆく売却成立を目指すことが大切です。