相続により土地を譲り受けた場合において、その扱いに頭を悩ます方は多いと言えます。

 

親から土地を相続して売却する時の注意点など

 

仮に、土地を残すといった選択をしたとしても、その土地を所有している以上は固定資産税がかかってしまい、また相続の際に発生する相続税の問題にも直面する事になります。そしてそれらにかかる費用も高額になってしまう事が多いと言えます。

 

そこで、その土地を売却するといった事を選択した場合、それに伴う手続きや注意点などがいくつかあります。
ここではそれらについて解説していきます。

 

まず、売却を決めた場合には、相続人を決める事から始めます。
複数人の相続人がいる場合には、その中の誰が相続人となるのか、それとも複数人の相続人全員が相続人となるのかで、その後の土地の分配方法が変わってくると言えます。

 

次に、相続登記についてです。
仮に、被相続人の名義のまま売却を行う場合には、遺産分割協議書を作成する事が求められます。これを行わない限り、その土地の所有権が誰に帰属するのかが分からない為、不動産会社も販売の仕様がないといった事になるからです。

 

その為にも、遺産分割協議書を作成するか、または相続登記を行うかが必要になります。

 

次に、売却に対してかかる税金についてです。
相続した土地であったとしても、それを売却して利益が出た場合には、その利益に対して課税される事になります。

 

その一方で、ある一定の条件をクリアした場合には、相続税のうちの一定額を、売却する土地の取得費に加算して計算する事が可能になります。しかしこの場合には、相続税の申告期限の翌日から3年以内の売買でなければなりません。

 

この様に、相続をしたものの特にそこには誰も済む予定がなく、またそこを残したり管理したりするのにも費用がかかってしまい、売却を検討する場合においても様々な手続きや税金の問題が関わってくると言えます。

 

その為にも、相続をした段階で専門家などを交えての話し合いをし、相続人にとって最も最良な方法を導き出すといった事が必要になってくると言えます。