内緒で土地を売却したい

 

周りには知られずに土地は売却可能?

 

ご近所や近隣に人に内緒で土地を売却したいという個人的な理由を有している人も当然いると思われます。実際には他人に知られずに土地を売却することは可能です。しかし、一般的な売却行為ではないことから、さまざまな面で制約を強いられることになります。

 

まず、売ろうと決めている土地を供する際に、不動産会社に広告活動を行わずに売買を行いたいという意思を伝えます。そうすることで業者側は、店頭広告はもちろん、チラシや新聞広告の掲載からインターネットによる不動産関連サイトへの販促活動などを行わないことになります。その結果、売買の情報は取り扱う不動産業者のみが有することになります。また、土地を供する時点で買い手が決まっていればその後の契約締結はスムーズに進行しますが、買い手を一から探す場合は不動産会社のルートを使用して相手を見つけることになります。通常、こうしたケースでは買う側としても警戒する可能性が高いので、契約締結には時間が掛るということを留意する必要があります。

 

次に、出来る限り早く売却を完了したいと考える場合は、依頼した不動産会社に直接買い取ってもらうという選択肢があります。転勤等、個人の事情で早急に処理したい場合はこうした選択が有効と言えます。ただし、買取価格は当然、一般の市場価格よりも低くなることは頭に入れておいた方が無難です。通常は相場の6〜7割あるいはそれ以下の金額による売買契約となる可能性が高いと言えます。また中小・零細の不動産業者では買取りを扱っていないケースが多く、どちらかと言えば大手の業者に依頼することになります。大手の業者は扱う物件数も多いことから、同じ物件でも中小・零細業者に比べて安価で買い叩かれる可能性がありますので注意が必要です。出来れば自分の依頼する業者がどの程度の金額で買取りを行っているのか、インターネットの口コミ等を利用して、事前にしっかりと調査した上で行動を起こすことが重要です。